attachment00

姫路城の近くにお引越ししてきて、早いもので一年が経ちました!

姫路には海外からのお客様がたくさん観光で来られます。

着物に興味のある方がとても多いのに驚きました!

皆さん「日本の文化や歴史が好きです」とおっしゃってくださって

日本人としても、とても嬉しくありがたく思う毎日です。

しかし残念ながら実際に着物の着付は、日本人の我々でも簡単なものではありません。

海外の方がおはしょり(着物を腰の辺りでたくし上げる部分)を作るのは大変 (;´Д`)

ましてや帯を結ぶなんて至難の業です (;_;)

そこで、もっと簡単にキレイに着こなせる方法を考えました!

それは対丈(ついたけ)の着物で細い帯を締めるスタイル!実はこのスタイルは江戸時代初期のきものの着こなしだったようです。

対丈の着物は身長に合わせたもので、おはしょりを作る必要がないので

一人で簡単に着ることができます。

また帯も幅の細い紐のようなものにすることで、難しい帯結びを覚える必要がありません。

観光で日本に来られたお客様が、お土産としてご自分の国に持って帰られてから

ご自分やプレゼントされた方に、永く愛用していただければ嬉しい限りです。

日本で愛された着物たちが、日本の素晴らしい文化とともに海外でも受け継がれ

繋がって行ってほしいと願っています(´▽`*)