きものの名称

着物の各部を表す名称は、聞き馴染みのない言葉が多いですが、お直しや悉皆のご依頼時など場所を伝えるときに便利です。

女性の着物(表)
裄(ゆき):背縫いから袖口まで。
前身頃【まえみごろ】袖と衽の間の裾まで。
身八つ口【みやつくち】女物の着物の脇にある開き。
肩山【かたやま】身頃の前後の境目の肩の最も高い部分。
袖山【そでやま】袖の上端の折り目になる部分。
衽【おくみ】前で重なり合う部分。


女性の着物(後)
背縫い【せぬい】後身頃の中央を縫い合わせた縫い目。
脇縫い【わきぬい】両脇の前身頃と後身頃を縫い合わせた縫い目。
袖付け【そでつけ】袖と身頃が接続する部分。