季節のきもの

きものは洋服と違い、季節の移り変わりに合わせて更衣をします。

この更衣の習慣は平安時代からと言われています。
しかし現代では、気候も変化しているので、着用する地域によって柔軟に対応するとよいでしょう。

基本的には、10月から5月は、裏地の付いた「袷」のきもの、6月から9月は単仕立てで
特に7月・8月は、絽や紗など透ける素材の薄物や麻などを着ます。
帯や小物も着物に合わせて変えます。
季節に合ったきものを選ぶことは約束事でもあるのですが、装いで季節感を表現できるのは、きものならではの楽しみです。