きもののたたみ方

きものや帯、羽織などには、それぞれの種類に適するたたみ方があります。

大きさにもよりますが、きものは出来るだけ大きくたたむほうが余分なしわができません。紋や箔、刺繍のところは白絹布や和紙などを当て、きものが痛まないようにしてたたみます。
その中でも「本だたみ」は最も基本となるたたみ方です。
染め、織りを問わず、ほとんどのきものはこの方法で保管します。
余計なしわをつくらないように注意してたたみます。

1. 衿を左にしてきものを平らに広げ、脇の縫い目で折ります。
下前の衽(おくみ)を衽線手前にで折り返します。


2. 上前の衽を下前の衽に合わせて手前に折ります。
向こう側の脇縫いを持って、手前の脇縫いの線に重ねます。
衽は内側に折って、重ね合わせます。


3. 背縫いで折って、左の脇縫いを右の脇縫いに合わせ、左右の身頃と袖を重ねます。


4. 左袖を身頃の上に折り返します。


5. 身頃の丈を二つ折りにします。
右袖は手前にあります。
右側の袖裾と肩山を持って、下に折り返します。


動画でもご覧頂けます。