色無地

色無地とは、黒以外の一色で染められた柄のないきもののことを言います。

家紋を入れたり、帯の合わせ方次第で普段着から礼装まで幅広く着用することが出来ます。

地色と地紋

地色や地紋は着用される場によって異なります。
結婚式のような慶事の場合は明るく華やかな色合いで地紋も吉祥文様のように喜びの場にふさわしい装いにします。
また慶弔両用として使用する場合、地紋のないもの、もしくは「流水・雲・波・紗綾形(さやがた)」など、派手にならず格調高い文様を用います。
地色は、紫・緑・水色系などの落ち着いた色を選びます。

紋の数と格式

色無地には柄が無いだけに紋が大きな意味を持ちます。
紋の種類は紋の部分を白く残して染める「染め抜き紋」と後から縫い付ける「縫い紋」があります。
染め抜き紋が最も格が高く、他の染め紋や刺繍による縫い紋は略式となります。
紋の数は一つ紋・三つ紋・五つ紋があり、多いほど格が高くなります。
しかし、五つ紋は第一礼装だけ、三つ紋も準礼装と着用できる場も限られてくるため、近年では縫いの一つ紋で幅広く着用されるようになりました。

コーディネート

色無地は帯や合わせる小物によっても、さまざまなシーンで着用できます。

*結婚式・入学式・卒業式・お宮参り・七五三・お茶席など

礼装の袋帯+平打ちの帯〆、帯揚(派手にならないもの)
※結婚式において親族の場合は、白帯〆帯揚。

*お通夜・法事

黒共帯(黒名古屋帯)+黒帯〆帯揚

*歌舞伎・演劇鑑賞など

名古屋帯・礼装でない袋帯+帯〆帯揚(洒落感のあるもの)



あくまでも基本的なコーディネートで、地域の風習などにより異なる場合もあります。お茶席のきものは流派や先生の意向に合わせるのが良いでしょう。
しかし、きもののコーディネートは人を想う心の表れであり歌舞伎などのお出かけで改まった装いをしないのは相手(この場合演者)に対して「リラックスして楽しんでいます」という気持ちを表すものだったり、弔事で袋帯(二重太鼓)を使わず名古屋帯(一重太鼓)を着用するのは、悲しみを重ねないという心が込められています。
コーディネートに迷ったときは、出向く先の相手を想いコーディネートしてみてはいかがでしょうか?