こどもの着物

七五三は、男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳になる年の11月15日に神社・寺などに参拝に行き、子どもの成長を祝う行事です。

本来は数え年に行いますが、現在では満年齢で行われることがほとんどです。
旧暦の15日はかつて二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされていました。
現在では11月15日にこだわらず、その前後で都合に合わせて行うことが多いようです。

~由来と装い~

sarasa-3

「髪置(かみおき)の儀」
男女ともに三歳頃まで剃っていた子どもの髪を伸ばし始める儀式

♥女の子♥
晴着に帯は結ばず、袖なし衿付きの「被布」を羽織る。
♥男の子♥
紋付の祝い着に兵児帯をし、袖なし羽織を羽織る。
(現在では男の子はすぐに5歳を控えていることから女の子だけがお祝いをすることが多くなりました。)

*お宮参りの初着を三歳・五歳のお祝着として、お仕立直しできます。

五歳男の子

「袴着(はかまぎ)の儀」
昔は五歳頃に初めて袴を身につけました。

♥男の子♥
お宮参りの初着を転用することが多く、紋付の着物羽織、袴に白い扇子・守り刀を身に付けます。


七歳女の子22

「帯解(おびとき)・紐落しの儀」
七歳はそれまでの紐付きの着物に代わって、本仕立の着物と丸帯という大人の装いへと変わる儀式。

♥女の子♥
四つ身を本裁ちにして肩あげ、腰あげをした着物に子供用袋帯または結び帯を華やかに結びます。
しごきをして、はこせこを胸元に入れ扇子や袋物を持ちます。

昔は医療が未発達な上、衛生環境も不十分だったため、乳幼児の死亡率が高く、七歳までは神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められました。数々の儀礼を行うことで子どもの無事な成長を祈りました。