黒紋付

黒紋付とは、現在では喪服として着用されています。

喪服というのは着物の名称ではなく、葬儀のときに着ている「喪姿」の呼び名を言います。

五つ紋とは

今では喪服のイメージが強い黒紋付ですが、本来五つ紋の入った黒紋付は第一礼装で結婚式にも着用されていた縁起の良いきものです。
五つ紋とは背中に一つ(背紋)、両胸に一つずつ(抱き紋)、両袖の外側に一つずつ(袖紋)、合計五つの紋を言います。

紋の意味

それぞれの紋の場所にも意味があり、背中はご先祖、両胸は片方に父親、もう片方に母親の紋です。
そして、両袖には兄弟、親戚縁者の紋をそれぞれに付けます。

つまり、この五つ紋は自分の血筋を表し、五つ紋の付いた黒紋付を着用するということは「一族の代表」という意味を持ちます。
黒紋付が第一礼装と言われる由縁はこの紋からきているのです。

「お守り」の黒紋付

黒紋付の五つ紋は、それぞれご先祖、両親、兄弟・親戚縁者を表しますが、ご先祖とはどのぐらい居るのでしょうか?

まずお父様、お母様。そしてそのお父様、お母様。
ご自身から見て二代前で6人のご先祖が居ることになります。

十代前までさかのぼると、1,024人。さらに二十代前までさかのぼるとなんと100万人以上に。この100万人いるご先祖様の想いが託された象徴が「家紋」です。
そのご先祖様の想いが込められている黒紋付は、昔から「お守りのきもの」と言われきました。
今でも19歳の厄除けに黒紋付を作る風習があるのは、こういった意味があるのです。

礼儀を尽くすきもの

どんな人にも必ず訪れる「最期の日」。命ある限り避けては通れない事実です。
あなたの最愛の人とお別れをしなければいけない日、あなたはその方に何と伝えたいですか?
「ご苦労様・寂しい・ありがとう・・・」想いはさまざまですがきっとどなたも敬意を持って、その方を送ってあげたいのではないでしょうか?
「こちらは心配ないから安心してね」と凛とした態度で見送ってあげたい。
昔からお葬式に黒紋付が着られていたのは、そんな故人への想いの表れでした。
だから第一礼装、五つ紋の付いた黒紋付だったのです。
今では洋装がすっかり多くなりましたが、もちろん洋服が悪いと言っているのではなく人生最期のお別れに「面倒だから、わずらわしいから」という理由で黒紋付を着ない方が増えていることが残念でなりません。
黒紋付は、故人にはもちろん、わざわざお参りに来てくださる方に対する「礼儀を尽くすきもの」なのです。